業務改革とERP(1)

 2017.06.27  宮下

情報化投資は、バックオフィスからビジネス貢献分野にシフトして来ています。
ビジネスの成長や利益を生み出す投資に重点が置かれて来ているのです。

このようなIT投資の潮流の中で、これからERPを導入、あるいは、リプレースされようという計画をお持ちの企業では、今後、いかに投資を抑えて基幹システムを構築していくか、非常に頭の痛い状況になりつつあります。
しかも投資をするからには、それに見合った効果を出さなければ投資が認められないということもあり、まさに板挟み状況なのではないでしょうか。

そこで考えられるのが、ERPに合わせた業務改革の推進です。もうこれしか解は無いのではと思います。

ERPの導入費用で結構大きな比率を占めるのがアドオン開発費用です。ERPの標準機能では満足できない要件について開発して対応する費用です。
投資を抑えるには、アドオン開発を減らすしかありません。ERPの標準機能だけで構築できれば、アドオン開発費用はゼロですが、決してゼロにはできません。他システムとのデータ・インタフェースを取るためには開発が必要だからです。
ですから、アドオン開発をできる限りインタフェースの開発だけに限定できればベストということになります。

帳票の開発もアドオン開発ですから、これらも、極力開発しないことが求められます。顧客から指定されたフォーマットに従う必要がある帳票などの対外的な帳票は、アドオン開発が必要ですが、社内帳票はできる限りERPの標準帳票を使用するのが望ましいのです。 このようにアドオン開発を減らしていければ、投資は抑えられるのです。

次回は業務改革のコンサルティングで陥りがちなお話しをさせて頂きます。

 

最新のクラウドERP、Microsoft Dynamics 365についての詳細はこちらから。

 

実演デモで学ぶ Dynamics 365 解説セミナー

RECOMMEND関連記事


RECENT POST「ERP」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!