「労働安全衛生展」に出展いたします

 2019.07.08  HOYAデジタルソリューションズ株式会社

「労働安全衛生展」に、SafeNAVI安全見守りクラウドサービス、工作機械周囲安全監視システム、機械予知保全システムVoyanceシリーズを出展します。

【展示会概要】
・期間:2019年7月24日(水)~26日(金)  10:00~17:00
・会場:東京ビックサイト
・小間番号:S1N-15(南展示棟) 

【SafeNAVI安全見守りクラウドサービス】
LoRaWAN対応スマートウォッチを使用した安全見守りサービスです。工場、プラント、建設・工事現場、トンネル作業、倉庫作業など作業環境での安全対策として最適なサービスです。

出展製品:
・LoRaWANスマートウォッチ(LW360-HR)
・SafeNAVIクラウドシステム

サービス特徴:
・LoRaWANスマートウォッチ(LW360-HR)は、脈拍、GPS、転倒、SOSボタンの機能を搭載。500m~1kmの通信を可能とした次世代型ウェアラブルデバイス
・熱中症対策支援機能:WBGT値と作業員のバイタル・活動量データをリアルタイムに分析することで、熱中症になる可能性が高い作業員を見つけアラートを通知する機能
・転倒転落検知機能:作業員の動作状況をリアルタイム分析することで、転倒・転落・うずくまりを検知しアラートを通知


【Voyance シリーズ 安全監視・予知保全】
ネットワークカメラとAIを組み合わせ、製造・作業現場の安全監視・侵入検知を実現するVoyance Barrier、製造装置の故障を遠隔監視・予知し、保守点検作業の効率化を支援するクラウドサービスVoyance Predictor をご紹介します。

出展製品:
・Voyanceシリーズ デモシステム 

サービス特徴:
・安全監視Voyance Barrier:監視カメラ画像内の一定の検知エリアに対し、侵入を検知。検知エリアの形状や大きさ、検知の条件、検知後のフィードバック等、いずれも柔軟に定義することが可能。PLCと連携する工作機械の制御まで、トータルでサービスを提供。
・予知保全 Voyance Predictor:機器に取り付けたセンサーから収集した情報を、機器の位置情報とともに可視化するクラウドサービス。各種グラフや基本的な分析ロジックをテンプレートから組み合わせ、素早いサービスインを実現。



是非、ご来場くださいますようご案内申し上げます。

※展示会の詳細はこちら
https://www.jma.or.jp/mente/outline/occupational.html