「異物・不良はどこ?」 AIを活用し、目視検査を効率化

「異物・不良はどこ?」 AIを活用し、目視検査を効率化

本資料では、画像・外観検査へのAI導入ソリューション「HOYA Voyance Inspector」を導入された食品加工業様の事例をご紹介しています。

課題背景
原料(大豆)入荷時の受け入れ検査を目視で行っているが、時間がかかるうえ、検査員により判定にはばらつきがある
自動検査システムは後工程では使用しているが、この工程では大がかりなシステム化は難しい

成果
スマートホンやタブレットと Voyance Inspector を活用して、外観検査を安価にシステム化することができた
検査時間の大幅な短縮と判定精度の向上・安定化を実現した

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。


資料ダウンロード

資料ダウンロード