HOYA Voyance Inspector

画像・外観検査へのAI導入ソリューション

AI活用で、目視・外観検査をもっと素早く・もっと賢く

お問い合わせ

HOYAデジタルソリューションズのソリューションやサービスについてのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

AI活用への期待と不安

製造現場における目視による外観検査では、「品質のバラツキ」「目の酷使」「人材の確保と育成」といった課題がありました。しかし残念ながら、目視と同等以上の品質レベルを維持したまま検査を自動化・IT化することは、従来の技術や手法では難しい状況でした。ところが今、AI活用による新たなアプローチが注目を集め、多くの事例が報告され始めています。
 
しかし実際にAI活用に取り組もうとすると、「AIに関する専門的知識」「AIエンジンの選定」「データの適切な量と質に関する知見」「データ撮像技術」「判定フィードバックと制御」等、多くのスキル やノウハウが必要となります。
 
当社では、これらノウハウを積極的にご提供し、「AIを活用した検査の自動化」をまるごとワンストップでご支援いたします。

ソリューション概要

特徴1:ワンストップ・ソリューション

AIエンジンやモデルだけなく、実際の検査工程の業務に埋め込むために必要なインプット及びアウトプットのいずれも
お客様のニーズにあわせて設計・構築することが可能です。

特徴2:パッケージ・アプリケーション

当社がご提供する外観検査用のAIモデル管理アプリケーション「Voyance Inspector」を活用して、AIの事前知識がなくても、エンドユーザー様ご自身でAIモデルの作成・評価・追加学習などを行うことが可能です。

AIモデルができたら、エクスポート機能を使って判定ソフトウェアに組み込み、すぐに使用を開始できます。

Inspector_4-1

 

特徴3:運用を強力にサポート

検査要件や製造モデルが更新されるたびに、検査用AIモデルも微調整が必要です。また、AI外観検査の結果を前の工程にフィードバックし、品質や歩留まりの向上に活用していくためのデータの提供も求められます。

パッケージ・アプリケーション「Voyance Inspector」は、AIモデルの更新やバージョン管理といった機能のほか、判定根拠となる画像の出力や検査結果のログ出力といった機能もご提供しており、日常の運用作業をエンドユーザー様が独力で円滑に行えるようにサポートします。

<運用イメージ>Inspector_2

 

画像検査・外観検査へのAI導入ソリューション

 

  • AI利用はまだ実験的なこころみなので、スモールステップで進めたい
  • AIを活用して自社の検査工程に自動化できるのか、確証がもてず導入を躊躇している
  • 導入はベンダ任せにせず自社スタッフも自主的に参画し、AI人材の育成に繋げたい
 
 
 当社のサービスでは、リスクを最小化しながらしながら段階的に導入を進めて参ります。
お客様のニーズやご予算にあわせて最適なご提案をいたします。
 
Inspector_1
 
AIに関する一般知識の勉強会や、導入したモデルの改善に関するトレーニング等もご提供可能です。
まずはご相談ください。